パパ活女性の目的

パパ活するなら理由を明確にしておくそのワケとパターン

パパ活するなら安易にパパ活してみようかなと思ってはいけません。パパ活するならば、その理由を最初から明確にし方向を決めておかなければなりません。

これは非常に大切なお話で、「なぜ?どうして?」と、思われるかもしれませんが、パパ活行動に慣れてしまうと安易に間違った方向へ行ってしまうことがあり、本来の目的から大きく外れてしまうこともあるからです。

一生懸命頑張っている姿を見せることでそれを見ているパパは、「この子を応援してあげよう」となるのです。

「どうして、なぜ、」私がパパ活をしているのかという目的をいつも明確に意識しながらパパ活をしなければ失敗してしまうでしょう。

パパ活をする理由を明確にした場合のメリット

先ほども言いましたが、「頑張っている目の前にいる女性」を応援したいと思っています。でも、経済的に余裕が無いので夢を実現させることができない。

頑張っても頑張っても前に進まない状態のあなたの姿を見て、パパはあなたを支援してくれるのです。こういった姿を見せ、パパの心に共感を感じてもらわなければパパから経済的な支援を受けることはできません。

あなたの夢とは何か?

人には様々な人生計画や夢があります。多くの女性は将来こうなりたいと願い行動していると思います。代表的なのがこちら。

将来起業して会社を経営したい
ショップなどのお店を持ちたい
海外へ留学したい
芸能人になりたい
アーティストになりたい
芸術家になりたい
医者になりたい
夢を実現するために勉強したい

自己研鑽・自分磨き

パパ活は将来の夢を達成させるために行うものばかりではありません。
今現在の自分を磨いてより一層きれいになりたかったり、美意識を強く持つこともパパ活をする目的となることになります。

いつまでも綺麗でいたい
お肌をきれいに保ちたい
脂肪吸引をしたい
全身脱毛美容をしたい
ネイルやヘアーにお金をかけたい

単純にお金が欲しい方

こちらの理由はパパから共感を感じてもらうことが少ないかもしれませんが、こういった考えを持つ女性も一定数いらっしゃるようです。女性の性格にもよりますが目的がハッキリしているである意味共感されるかもしれませんね。

海外旅行をして色んな所へ行きたい
人よりもっと贅沢をしてみたい
欲しいものを手に入れたい

経済的に困窮している・生活費が無い

とにかく一番多い理由がこちらでしょう。男女変わらず今の時代は経済的に困った方が非常に多いですね。この理由が一番共感を得られるのではないでしょうか。

授業料が払えなくて困窮している
生活費に困っていて頼る人がいない
アパートの家賃を支払うことができない
自分のために使えるほど余裕もなく楽しいことが全くない

給料が少ない・安い

残念ながら女性の給料は男性と同じではありませんね。最近はブラック企業なるものが多くメディア等でも話題に上がりますが身近にあるようです。

それも様々な分野の職業でブラックと呼ばれ現実は厳しいようです。

先ほどの「経済的に困窮している・生活費が無い」に通じる説明と同じですが、この理由は色んな理由に変わってしまうので、ある意味原因のもととなってしまう理由の一つです。

真面目に生きてきて、憧れの職業に就いたのは良かったけれど実際の現実とはかけ離れているようです。残業してもサービス残業扱いとなったり、遅い時間まで残業ばかりで、『生きるために生きている』といった意味のないループな生活に疲れている方も多いでしょう。

パパ活をする女性の多くは給料が安いので生活費するだけで精一杯だという方がほとんどです。

冒頭で申し上げましたように『パパ活をする明確な理由』をいくつかのパターンを説明させていただきましたが、この他にも理由はあるはずです。

明確でハッキリとした理由を持ち、パパに誠心誠意応援してもらえることが重要となります。当記事が皆様の参考になれば幸いです。

ありがとうございました!

関連記事

  1. パパ活困る

    パパ活やり逃げ手口とドタキャン男の特徴とは

  2. マズいポイント

    ヤバい!パパ活するのに出会い系サイトをアプリ登録する際の3つの盲点とは…

  3. パパ活不安

    既婚者や専業主婦でもパパ活できる?おばさんでも大丈夫なの?

  4. メリットデメリット

    パパ活でしっかり稼ぐためのメリットとデメリットその理由

  5. パパ活パパから見る逆視点

    男性から見る女性のパパ活ってどう見ているのか興味津々!?

  6. 肉体関係無しでパパ活

    肉体関係を持たずにお互いが満足する関係がベスト

  7. パパ活年齢制限

    パパ活って何歳くらいまでならできるの?年齢制限ってあるの?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。