肉体関係無しでパパ活

肉体関係を持たずにお互いが満足する関係がベスト

できるならば、肉体関係を持たずしてお互いが満足できることが一番のベストではないでしょうか!?

パパ活して様々な援助をしてもらうとすれば肉体関係があるのは当然だと想像してしまうのは普通の発想だと思います。

「肉体関係があった方がお金をもらい易いし話も早い」肉体関係も無くどうやってお小遣いをもらえるんだ?こう思ってしまう方が大半でしょう。

もちろん、肉体関係を目的で女性とお付き合いをしたいと思っている方もたくさんいらっしゃいます。

しかし、男女の肉体関係無しで援助してもらうことも十分可能なんです。その答えも凄くシンプルで、男性がそれでも満足する状態にしてあげればよいのです。

パパになりたいという男性を、活力ある活き活きした男性になってもらえるように女性は頑張るのです。脳内満足感を充実させてあげれば良いということです。

それが、元気にさせたり、活き活きさせたり、活力を与えるということで脳内を満足させ最後は心も満足した状態になるのです。

抽象的になってしまう言い方ですが、パパとなる男性に対し、活き活きした生活を送れるようにしてあげるという事なんです。

どうしてこういった話になるのかと言いますと、パパ(男性側)の原点となるのは、今までのマンネリ化した現状に刺激が欲しかったり、リアルな現実社会から離れて自分の心を満たしたいという考えから女性を求めます。

話をどんどん突き詰めていくと、満足感が欲しいからなんです。いつものリアル世界から離れたところで心を満たそうとしているのです。

そして重要となる部分がこれからお話しする部分です。

すべてはポジティブな発想から始まる

ポジティブな発想とは、わかりやすく砕いてお話しすると、プラス思考の考え方です。

アナタは常に前を向いてプラス思考で頑張っている女性として男性に思ってもらえれば、パパとなるその男性も必然的にあなたを応援したくなるという事です。

それが男性であれ女性であれ、頑張っている人ほど周りの人はその人を応援したくなる。人の心はポジティブな方向へと引き込まれていくのではないでしょうか。

男性が、この子にもっと幸せになってもらいたい。誰かが正しく手を差し出さないと悪い方向へと進んでいく。このような状況があなたをプラスの世界へと向かわせるのです。

手を挿し伸ばすことで女性も助かりますし、女性が活き活きしてくれることで男性も心から満足してくれるはずです。

これがお互いがハッピーハッピーになるということですね。

はなから肉体関係だけの割り切った関係ではないという事を理解していただけたのではないかと思います。

パパ活勝利の方程式

パパ活だけでなく、リアルな現実社会でも全く同じですが、明るく前向きな人ほど成功していきます。これは絶対に間違いありません。

いくら金銭的に余裕がある男性でも、女性から金銭を匂わせる話だと財布のひもは急に固くなってしまいます。手当となる金銭に関する話は男性側からだけで女性からは一切出してダメ!

だから初期段階より時間をかけながら優良なパパ探しをして幸せになる必要があるのです。

絶対に焦らず、普段の生活と変わりなく普通に恋人探しをするのと同じ要領でパパ活をしていくことをおすすめします。

時間をかけて男性とやり取りをし、相手の男性の優劣を見極めます。後々、面倒なことが起こらないよう。やり逃げや手当の出し惜しみをしない男性を探すこと。

実際に会うまでに数週間とかではなく、2~3ヶ月の余裕期間を持たれた方がいいかもしれませんね。時間をかけた方が相手の本音や初めてのパパ活で焦ってしまう確率も無くなりますので。

ここまでお話しして、何だか慎重な話だと思わないでくださいね。基本は「いい人と気さくに出会いがしたい」これですから!

ありがとうございました。

関連記事

  1. パパ活年齢制限

    パパ活って何歳くらいまでならできるの?年齢制限ってあるの?

  2. マズいポイント

    ヤバい!パパ活するのに出会い系サイトをアプリ登録する際の3つの盲点とは…

  3. メリットデメリット

    パパ活でしっかり稼ぐためのメリットとデメリットその理由

  4. パパ活パパから見る逆視点

    男性から見る女性のパパ活ってどう見ているのか興味津々!?

  5. パパ活女性の目的

    パパ活するなら理由を明確にしておくそのワケとパターン

  6. パパ活不安

    既婚者や専業主婦でもパパ活できる?おばさんでも大丈夫なの?

  7. パパ活困る

    パパ活やり逃げ手口とドタキャン男の特徴とは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。